絶対にリピーターに育てるべきお客さんの特徴

お客様には失礼な言い方かもしれませんがお客さんは2つの部類に分けることができますよね。
「絶対にリピーターになってほしくない客」と「是非ともリピーターになってほしい客」。

是非ともリピーターになってほしいお客さん(金払いがよく、定期的にやってきて、無理を言わず、紳士的にあそぶお客さん)を、初回でパッと見分けています。

本日は、新人風俗嬢のみなさんも「男性のこういうところを見ると」おいしいお客さんをゲットできる!というのをご紹介したいと思います。

■1:自慢話をしないお客さん

大きな会社をやっているとか、年収が1億円あるとか、若い頃はモテテタだったとか、自慢をする男性ってはわりと接客をしていて疲れますよね。
疲れないのであれば、お金持ちだから是非にリピーターに……と思うかもしれませんが、物事、そううまくは運ばないのが世の常です。
自慢話をされないと、話が盛り上がらないこともあり「なぜかこのお客さん無口で、あたしのこと嫌いなのかな」と思うかもしれませんが、そういう心配は無用です。
自慢話をしないお客さん、ちょっと無口かなと思えるお客さんを大事にしましょう。

■2:ガッツかないお客さん

プレイ内容が淡白だったからといって、それは女性の責任でもないしお客さんは不満かと言えばそうでもないということです。
長く1つのお店であそびたいと思っている男性客はマナーがいいですし、女性がイヤがることをしません。
よってプレイ内容が、最初は淡白であることもあります。ガッツくお客さんはイヤだとお考えの嬢であっても、逆に淡白であればいいと思っている人は少ないでしょう。
でも、淡白なお客さんは上客になる可能性をおおいに秘めていますよ。

■3:「どうしてはたらいているの?」と聞かないお客さん

まあこれは定番ネタですよね。聞いてこないお客さんをことごとく大事にするといいかもしれません。